おのみちの、を

  代表  牧野 健宏


はたらくこと、遊ぶこと、学ぶこと、休むこと。

どれも、生きていく上で欠かせないことです。

この中で、「一生懸命に」という言葉をつけて言わないのは、どれでしょう?

「一生懸命遊ぶ」という言い方はあまりしないかもしれませんが、遊んでいる本人からすれば、そういうこともありますよね。

けれど、「一生懸命休む」とは言わないでしょう。それでは、休んでいることになりません。

しかし、私は「休むこと」がとても大切だと思います。一生懸命何かをやり続けるには、間に休みを入れなければ体も集中力ももちませんし、持っている力を存分に発揮することも難しいでしょう。逆に、休んでいると、頭も体もリラックスして、思わぬアイデアが浮かぶこともあります。心や体を十分に休めるからこそ、いろいろなものを感じることができ、その楽しさに気づきます。

「学ぶこと」と「遊ぶこと」は、その感じることから始まるのだと思います。何かをやってみたい、知りたい、できるようになりたい。「学ぶ」も「遊ぶ」も、好奇心から始まります。失敗をくり返し、工夫して、人の力を借りて、コミュニケーションを重ね、生きる力をつけていきます。そして、希望をかなえます。

こうした経験をたくさんすると、そこで得た知恵や能力を「はたらくこと」に生かすことができ、はたらく喜びを味わったり、苦境を乗り越えたりできるのだと思います。​

だからこそ、「休むこと」を大切にしてほしいと思います。

​おのみちの、をでは、「お茶の間」でゆっくり休み、遊び、おしゃべりをし、「学びの場」で、自分が感じることを大切にして、好きなだけ学ぶことができます。

いろいろな人が集まる場にしていきたいと思います。

​どうぞ、よろしくお願いします。

Use this space to write a brief description of what this team member does. You can include relevant degrees, experience or other special qualifications they may have.

お問い合わせ